まわり将棋(初級編)


・まわり将棋とは何か

まわり将棋とは、金振りのルールで将棋盤のまわり(下の図1の白の部分)を進み(通常は左回り)、 四隅(下の図1の★の部分)に止まるとランクアップする(成り上がる)。

       
       
       
       
       
       
 (2)     
(1)
(図1)


・ランクアップの方法

 歩→香→桂→銀→角→飛→王(玉) とランクアップする。王(玉)で成ると、歩歩(歩の上に歩を重ねる)となり、それ以降は歩香(歩の上に香を重ねる〔これ以降略〕)→歩桂→ 歩銀→・・・→歩王(歩玉)となる。そして、次に成ると香歩(香の上に歩を重ねる)となる。(これ以降は略)

・死ぬ

 ”死ぬ”とは、格の高い者が低い者を追い越すと、格の低い者が殺されるというもの。格が同じ時は追い越されても 殺されない。また、死んでいる間は生き返るまで振る事ができない。「格」とは、強い順に 王(玉)>飛>角>銀>桂>香>歩となっており、歩歩や歩香などの2枚重なっているものは、上に乗っている方 (歩香なら香)が「格」の対象となる。〔王(玉)は格が一番高いので殺される事はないが、成ってランクアップすると 「格」は歩となる(例:王(玉)→歩歩、歩王(歩玉)→香歩)ので、一番殺されやすくなる。
 また、死んだときは駒を裏返して内側に1マスずらす。(例:上の図1の(1)で死んだときは裏返して(2)の場所へずらす。)

・生き返る

 ”生き返る”とは、格の高い者が、死んでいる格の低い者を通り過ぎると生き返るというもの。 格が同じときは生き返らない。(例:上の図1の(2)から生き返るときは、(1)の場所へずらして復活する。)

・踏む

”踏む”とは、格の高い者が、死んでいる格の低い者のところで止まったときに起こる。格が同じときは起こらない。 (例:下の図2において、(3)の場所で殺されて(4)の場所で死んでいるときに、格の高い者が(3)の場所に止まったとき) このとき、踏まれた者は殺されたときと同様、内側に1マスずれる。これ以降、復活するまでは格の高い者が通り過ぎると 外側に1マス、止まると内側に1マスずれる。(例:下の図2において、(3)の場所で殺されて(5)の場所で死んでいるときに格の高い者が、(3)の場所を 通り過ぎたら(4)にずれ、(3)の場所に止まったら(6)にずれる。)
       
       
       
       
    (6)  
    (5)  
    (4)  
(3)
(図2)

・スタートの方法

 スタートの方法は、金振りをして、出た数の多い者から順にスタートする。スタートの位置は普通、 四隅(上の図2の★の部分)からである。




以上がまわり将棋の基本的ルールである。この他にも数多くのオリジナルルールがある。
・勝敗の決め方

(1) 時間制
時間の許す限り、ランクアップを続けるというルール。最終ランクの高い順に順位が決定する。

(2) 通常ルール
歩→香→桂→銀→角→飛→王(玉)と成っていき、最初に王(玉)で成った者が勝ちとなるルール。2位以降は、その時のランクの高い順に順位が決定する。

(3) 逆転ルール
歩→香→桂→銀→角→飛→王(玉)→歩歩と成っていき、最初に歩歩で成った者が勝ちとなるルール。2位以降は、その時のランクの高い順に順位が決定する。


   ・まわり将棋(上級編)へ行く。

   ・金振りへもどる


Jari.のページへもどる